Skip to main content

Posts

Showing posts from October, 2010

遅ればせながら・・・

ご無沙汰しております、ヨコエビの小川です。

気づいたらもう10月、潮汐のパターンが切り替わり、昼にはあまり引かなくなる季節です。
論文をまとめる時期でもあり、新たな調査はあまり・・・

というわけで、この夏をざっと振り返ることにします。


・No.41 小櫃川河口干潟「24時間」底引網調査(8/16-17)
小櫃川河口といえば、東京湾におけるヨコエビのメッカです。
毎月、干潟面を歩いて定量調査を行っていますが、今回はちょっと違います。



屋形船です。

調査地にアンカーを落としてエンジンを切り、丸一日ぶっ通しで船の上から調査を行います。
すぐ近くには東京湾アクアラインが通っています。

日差しはありますが、吹き抜ける海風が実に爽やかです。



使うのは、目あいが1mmの底引き網。
本来は、ウミグモを研究している鈴木先輩の調査ですが、網にヨコエビが入るので、それをもらうためについて行きました。

1時間に3本の底引き網と、1本のプランクトンネットを曳きます。
作業には30分くらいかかるので、残り30分は休憩・・・
あれ?いつ寝るんだ?

夜間はライトで照らしながら成果物を確認。
採れてる、採れてる・・・




不思議とリズムができるもので、いつの間にやら30分おきに目が覚める癖が。
その場でヨコエビを選別し、クーラーボックスへ入れます。その他のサンプルは、ホルマリンで固定して持ち帰ります。
なぜヨコエビだけ冷やして持ち帰るのかといえば、デリケートなパーツが外れるのを防ぐのと、綺麗な写真が撮れるから、です。

ああ、夜明けだ。
調査開始は15時。昼間は生物の出現パターンがあまり変化しないのと、早く帰りたいのとで、13時で切り上げました。なので、正確には「22時間」調査です。


研究室に戻り、さっそくソーティング。ホルマリンサンプルは、ホルマリンを抜いてから、取り残しのヨコエビを拾います。
今回得られたのは14種群。新顔が5種群も出てきたので、実りある調査でした。

その中から厳選した今回のヨコエビは、アゴナガヨコエビ属の一種Pontogeneia sp. (*1)です。
底生というより、浮遊性に近いヨコエビです。
底引き網に加えて、プランクトンネットで採れました。
大きな複眼と長い触角が目立ちます。
最大の特徴は触角の根元にウロコ状の突起があることですが・・・ちょっと分かりにくいですかね・・・?

種類ごとに、潮汐・日周パタンと出現パタンが同調していないか検…