Skip to main content

Posts

Showing posts from 2015

2015年7月10日印旛沼調査

こんにちは。
真のブログ係の1人、ツボワムシの形態に着目しておりますO竹こと大竹です…更新義務を滞ってしまい非常に申し訳ございません。
以後更新頻度を上げ、みなさんに湖沼の生き物の面白さの一端をお伝えできるよう邁進出来ればと思いますので何卒よろしくお願い致します。


先日、7月10日に印旛沼の全域調査を行ってまいりました。
今回、湖沼生態学研究室ポスドクの栗山先生もご同行して下さいました。

セキ君が、印旛沼の枝角類(ミジンコ類)の分布や密度組成を全域的に解明することになったため、また、オニビシ帯出現につき、大竹がオニビシ帯サンプルを所望したため、前回の調査(地点数:12)から、さらに9地点追加しての、21地点でのサンプリングを行って参りました。

大繁茂オニビシ
行ったことは、前回岡崎君が書いてくれた作業と同様で、今回はそのプランクトンの定量・定性サンプル採集、水質調査などのほか、地点の流速計測なども取り入れてみました。


前回、調査の作業やそのあとの濾過を紹介していただいたので、今回はこの時期に印旛沼でみられる代表的な動物プランクトンを紹介してみたいと思います。

どのような種が存在したのか確認するため、この日に採集した、動物プランクトンの定性サンプル(ネットは200µmのものを使用)を、実体顕微鏡で観察してみると、以下のような世界が
        下は暗視野で撮影したものです。宇宙のようで神秘的且つ美しいですよね。     ざっと見たところ、カイアシ類が多そうで、オナガミジンコやツボワムシも多くみられそうです。     ゾウミジンコも数個体見られていました。 では、それらのプランクトンを個別にご紹介致します。 まずは、たくさん見られたカイアシ類。 上の写真の細長い子達はこの子達です。 頭胸部を超えない第一触覚から、肉食性のケンミジンコ目(Cyclopoida)とわかります。 このように曲がった触覚を持った個体がオス個体です。 交尾の際に、メスの身体を掴むために役立つと考えられています。 こちらは、長い第一触覚が特徴の、ヒゲナガケンミジンコ目(Calanoida)に属する ヤマトヒゲナガケンミジンコ(Acanthodiaptomus pacificus) ケンミジンコ目と異なり、草食性です。 触覚の長さがよくわかる一枚 光学顕微鏡で観察するとこのように見えます。(×1…

2015年度初更新!

はじめまして!今年度から鏡味研に配属されたオカザキことカジュピーです!
今年度が始まってはやいことにもう2ヶ月たっていました… 2015年度初更新が遅くなってすみません… このブログを読んで下さる方々が楽しんでもらえるように頑張ってかきたいと思います!
今回の更新では4月に行った印旛沼での調査の様子を紹介しようと思います。


4月の後半に印旛沼に主に動物プランクトンをメインとしたサンプル採取に行ってきました!
戦いの場に赴く戦士たちの図


採集ポイントに着いたら早速採取! カラムサンプラーを使うO竹さん これで全体的な深さから採取します。それにしてもいい天気(´・ω・`)


 プランクトンネットを通して採取


湖水そのままを採取するザッキー大先輩 手際の良さが違いますね!!!


真似する自分 この時バレてませんが実は盛大にこぼしていますヘ(゚∀゚*)ノ
皆手際が良かったので午前中に終わることができました!

ザッキー大先輩のいい笑顔 後ろにいる丸ちゃんがお父さんのような顔でこちらを見ています。

セキくんとO竹さん こんなゆるキャラいそう
印旛沼の様子を見ているF呂田名誉教授とハヤシさん 色々なアドバイスをしてくださり本当に有難うございます!!!

研究室に戻ったら お昼をいそいそと食べて採取した湖水を早速濾過します
これで各地点の湖水を一瞬で濾過することができます(半日)

2014年度 研究発表会!

お久しぶりです、ジョージです!

最近すっかり更新のタイミングを逃しておりましたが……
先日、博士論文・修士論文・卒業研究公開発表会が行われました。

今回は、鏡味研(湖沼生態学研究室)・西廣研(保全生態学研究室)メンバーの
発表会の様子をざっくり報告しますよ!
長編の予感ですが楽しんでいただけると嬉しいです\(^O^)/
あっ指導教員お二人の写真が1枚もない!ごめんなさい!!


■2がつ12にち【博士論文・修士論文発表会】
 全発表タイトルはこちら

<湖沼生態学研究室>

中西 奈津美 : 湖岸における昆虫・クモ類の水生植物利用の季節変化

毎回申し訳ないのですが写真がないので、
主役のハムシ・クモ写真でお許しいただければと思います……

自分の研究では、夏になると水面を覆ってしまうヒシTrapa sp. が
湿地性のコモリグモたちにも良い生活場所となっていること、
ヒシの上で暮らしているジュンサイハムシGalerucella nipponensisが実は
陸上の抽水植物にも結構影響を受けていることが分かってきました。

ちょっと力抜けちゃいました。。でももう少し頑張ります!
おつかれさま会をしてくれた子たち、本当にありがとう。゚(゚´Д`゚)゚。


■2がつ13にち【卒業研究発表会】
 全発表タイトルはこちら

<湖沼生態学研究室>

泉川 幸希 さん: 淡水魚中の放射性セシウム137濃度と体長・食性との関係
伊藤 遼太 さん : 印旛沼および手賀沼の水草帯における酵母の多様性
神谷 朱音 さん : アオコとツボカビがミジンコの生存率と産子数に与える影響
平野 稚奈 さん : 植物プランクトンに寄生する真菌類の単離培養と感染実験
福田 有里 さん : DNA解析を用いた東京湾表層の真菌の検出
藤信 ひかる さん : 印旛沼におけるオニビシとアオコ発生の関係
             および放射性セシウム濃度
宝槻 真生 さん : 印旛沼におけるワムシ類個体数の時空間変化
牧野 稜平 さん (生物学科から外研) : 印旛沼のオニビシ帯における魚類の分布

※マッキーの写真がなくてごめん!!! こばぴーとのツーショットで許して><


<保全生態学研究室>

川井田 美枝 さん : 神崎川氾濫原における止水域再生実験
             ~メダカを含む魚類に着目した評価~
小林 翔 さん : 草原の植物…